二重アゴ解消?エステより『舌』ですよ!

舌の位置って…気にしたことありますか?

皆さん、フツウの状態で自分の舌、どうなってますかね?

●ダラッと下にある。
●歯に押しつけている。
●軽く歯で挟んで噛んでいる。

などが多いようです。

すると・・・

舌の状態により…
・フェイスラインのたるみ、二重アゴ。
・アゴ突き出し姿勢になりやすい。
・身体の軸が不安定 → 食いしばり・無駄なリキみ(コリやすい)。

・口呼吸になりやすいので酸素の取り込み量が減少、ウイルスなどに感染しやすい。

 

などなど、見た目にも影響がでそうですよね?

 

『舌』は筋肉の塊

舌は他の重要な体幹筋(インナーマッスル=身体を安定させる筋肉群)とのつながりがあります。
舌が正しい位置にないと、身体の軸が安定しないということになります。

体幹トレーニングで見落とされやすい重要なファクターです。

『舌』のベストな位置

正しい位置は上あごにくっついた状態です。

 

方 法

  1. 舌の先を前歯の直ぐ後ろにつける。(歯に当たらないところ)
  2. 舌先をつけたまま、舌の腹を上アゴにくっつける。

 

です!

慣れると、舌の腹が上アゴのスポットに吸盤のように勝手にくっつきます
上顎の凹みは舌が収まる、そういう構造になっています。

この舌の状態だと、口を閉じてても、歯は少し間が空いて、噛み合わない状態です。

最初は、舌が筋肉痛になるかも。

私は無意識にくっつくまで半年くらい練習しました(汗)
今は勝手にくっついてます。すごく楽です

 

ちゃんと正しい位置にあると…
アゴのラインがシャープに!
(舌をつけてアゴの下を、触ってみると凹んでピシッと張りがあります)

無駄なリキみが減る!
⇒食いしばらなくなるので、コリにくい、疲れにくい、柔軟性が増す。 

体幹筋が安定するので、動きが安定する。⇒転倒、ケガの予防。

試してみましょう!『舌』で身体も安定する

どんだけ違うか試してみましょう。

首の動きで試してみます。
【下を向く・上を向く】で
動きの幅、動かしやすさを比較します。

 

①まず口を半開きで、下を向く・上を向く。

②次に舌をスポットに当てて、下を向く・上を向く。

 

いかがですか?②の舌を固定した方が、怖くなく動かせますよね?動きの幅も大きくなります。

試しにこちらも、

 

どっちが楽?その2

①歯を噛み合わせた状態で、下を向く・上を向く。

②次に舌をスポットに当てて、下を向く・上を向く。

 

コレも当然②が楽ですね!

今は首の動きですが、腕上げや、腰の捻り、前屈など比較すると全て柔らかくなります
いろいろ試してみて下さい!
スポーツ選手なんかは、常にこの状態です。

名前
この知識があるだけで、また一段階コリにくくなると思いませんか?
身体の繋がりは本当に面白いですね(´w`)

ご自愛下さい。